リラックス状態を引き起こすウォーキング

毎日の仕事や生活によって引き起こされるストレスは、体に悪影響を与えるだけでなく、生活習慣病といった様々な病気の原因にもなります。ストレスが溜まってしまう原因の一つとして、椅子に長時間座り続けている等、運動しないといった要因が該当します。長い間同じ場所に居続けると、リラックスホルモンと呼ばれるセロトニンが出なくなるため、結果としてストレスが溜まりやすくなるのです。もし、仕事がうまく行かないといった状態が続くならば、一度外に出てウォーキングをする方法が効果的と言えます。

5分から10分程度ウォーキングをしていると、リラックスホルモンのセロトニンが放出され、呼吸も整うようになります。道具やお金を使わずに、ストレス解消を手軽にしたい場合、ウォーキングが最適な選択肢です。

抑うつや疲労を防ぐ効果が期待できる

ウォーキングを始めとした運動を定期的にしない場合、気分が落ち込んでしまうといった、マイナスの気持ちになる「抑うつ」を誘発する可能性が高くなります。「抑うつ」状態が続くと、適応障害やうつ病になってしまい、仕事だけでなく、日常生活も十分に送れない状態に陥ってしまうのです。「抑うつ」状態を改善する意味でも、毎日、ウォーキングを10分程度行う習慣を身につける必要があります。なお、第二の心臓であるふくらはぎに異常があると、動かないのに疲れてしまい、結果としてストレスの原因となります。

ウォーキングを習慣化していると、ふくらはぎの筋肉が収縮されるため、血液の循環が良くなる効果も期待できる点が特徴です。ウォーキングの習慣化によって、常に疲れてしまう状態を改善できるため、疲れ知らずの体を作れるようになります。

精神科を名古屋で受診する際、名古屋の主要駅周辺に立地している病院を選びます。事前に予約を入れてから、受診します。